ヤジ馬の日本史

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本史の「逆転」16 アメでムチを忘れたか!

<<   作成日時 : 2015/10/15 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「飴と鞭」」(アメとムチ)という言葉は、一般的に、国民に対する
為政者の「懐柔策と弾圧策」という意味で使われています。
つまり、上の者が下の者を上手くコントロールしようとするなら、
「厳しさ(ムチ)だけでは十分でなく、適度の「褒美(アメ)
必要だとする考え方といったところでしょうか。

それなら、為政者としての江戸幕府も、当然この「アメとムチ」
には気配りをしていたはずです。
でなければ、諸大名(潜在敵国?ライバル?)が群立する中で、
260年以上もの長きに渡って、安定した政権を維持させることは
困難だったでしょうからね。

もっとも、その江戸幕府の諸大名に対する「ムチ」の方は、
無理に探さなくても、すぐに気が付くところです。
○参勤交代 一年おきに江戸と自領を行き来するのは、
  旅費も江戸滞在費も諸大名にとっては大きな負担。

○人質政策 正室と世継ぎは人質として江戸常住が義務に
  されていたので、幕府に腹が立ってもひたすら隠忍自重。
○手伝普請 公共事業?の財源を諸大名が負担する仕組み
  のため、幕府の懐は痛まず、逆に諸大名の方は青息吐息。

○入鉄砲出女 関所では「江戸へ入る鉄砲」つまり「武器」の
  流入と「江戸から出る女性」、つまり「人質」の逃亡には
  結構神経を尖らせていたということになります。
※「防犯カメラ」は設置されなかったものの「監視社会」とは言えそう。

ここまで窮屈に縛られた状況を並べると、それこそ「江戸暗黒
史観」
になりかねませんが、ドッコイ江戸幕府は抜かりなく
「アメ」の方も用意していたんですねぇ、これが。

しかし、こんな「弾圧」まがいの体制の中で、いったいどんな
「アメ」があったの?
そのひとつに、「官位」が挙げられそうです。

もっとも、これより以前から行なわれていたことですから、
江戸幕府のオリジナル発明?とは言えませんが、本来なら
朝廷から拝するべき「官位」を、その朝廷に認定料?を支払う
など、ちょっとした手続きを踏んだり、あるいはほぼ勝手に、
「武家官位」として「○○守」の名乗りを使いました。

※たとえば「大岡越前守」とか「松平伊豆守」など

参勤交代51










             参勤交代/大名行列

  応援クリックは→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓

この「武家官位」は、諸大名にとって一種「爽快感」が伴うもの
だったことは間違いありません。
それと並んで「家格」というモノサシも自尊心をくすぐるのに
十分の機能を果たしたようです。 
早い話が、「アンタは偉いッ!凄いッ!」っておだてられれば
誰だって「悪い気はしない」ということです。

ですから、つまりのところは、参勤交代/人質政策/手伝普請
/入鉄砲出女
などの弾圧系(ムチ)政策に対する懐柔系(アメ)
政策
、平たく言えば「ガス抜き」が「武家官位」であり「家格」
だったということでしょう。

「毎日が戦さ」という時代なら、他人との「格」比べはその手柄の
程度で比較できますが、平和な時代にはそれができません。
それもあって、外様大名(潜在敵国)なども、逆に「家格」という
新基準?を割合抵抗なく受け入れたのかもしれません。

そうした側面は、実際「大名行列」にも見てとれます。
元々は「戦時行軍」?を建前としていたものの、なにせ平和な
時代ですから、その趣旨?も意識?も形骸化し、次第に世間に
向けての「家格」アピール、いわば宣伝広報行列?に変質して
いきました。

つまり、世間からこう言われたい、こう思われたいわけです。
〜うわッ、さすがに○○藩(あるいは藩主××様)はすげえゾ〜
こうした世間の驚愕の目には、戦さにおける「手柄」と同様の
「爽快感」があったに違いありません。

それが証拠に、次第に懐具合を無視した規模と華美を増幅
させるようになり、つまりは目一杯見栄を張ったものに発展?
していきました。 

この「爽快感」は、麻薬のように習慣性を持つものだったのか、
大名自身では「歯止め」が掛けられず、ついには幕府の側が、
逆に諸大名の懐具合を心配して、その制限に乗り出したほど
でした。

何事につけ自尊心とは無縁の生活態度にあるワタシなぞには、
大名のこの辺の見栄はよく分かりませんが、「一流意識」を維持
するということは、そもそもがこういうことなのかもしれません。

その「一流意識」とやらを・・・なにっ!アナタはばっちし理解
できるってか!
う〜ん、まことに立派なその思い、ひょっとしたら大名行列と
同様で、単に〜目一杯見栄を張った姿〜、またはアナタの
無邪気な〜勘違い〜と言った方が正しい・・・ような気がしない
でもありません。




  応援クリックは→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓
        



−−−これまでの 「逆転」 シリーズ−−−−−−−−−−−−−−−−
299 日本史の「逆転」15 世間は勝手?この落首 不満のタネは無尽蔵!
285 日本史の「逆転」14 維新”オセロゲーム”模様 全部が一気に裏返し
250 日本史の「逆転」13 武士団土壇場の女子パワー! 浮き足立つな!
238 日本史の「逆転」12 またか!殿中刃傷事件 一罰百戒も通じない?
225 日本史の「逆転」11 日本列島ウラオモテ 見慣れないから盲点に?
213 日本史の「逆転」10 貧乏だけど大金持ちだゾ 金はどこから流出した?
206 日本史の「逆転」09 虚像は実像を駆逐する 根も葉もあるウソ八百?
198 日本史の「逆転」08 世界遺産は○○のお蔭? 負の遺産?が脚光を!
181 日本史の「逆転」07 地名は”上”だが地図では”南”? 先人は方向音痴?
177 日本史の「逆転」06 将軍家激震スキャンダル 権力抗争の黒い霧?
161 日本史の「逆転」05 切れない名君と斬る暗君 殿様が背負った新任務?
151 日本史の「逆転」04 武士の正座と胡坐 おお、足の裏同士がぴったり!
122 日本史の「逆転」03 秀吉のシックス・センス 窮地で発揮した超能力?
119 日本史の「逆転」02 木曽三川 レ・ミゼラブル! 積もった恨みが爆発!
107 日本史の「逆転」01 “謎の絵師”に謎はない 謎は後から作られた?
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ヤジ馬の日本史〜超駄級・200記事一覧〜 前編「あ→と」巻 七転び八起き!
ヤジ馬の日本史〜超駄級・200記事一覧〜 後編「な→ん」巻 あゝ七転八倒!
ヤジ馬の日本史〜超駄級・300記事一覧〜 202−209編 堂々肩すか史!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本史の「逆転」16 アメでムチを忘れたか! ヤジ馬の日本史/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる