ヤジ馬の日本史

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本史の「迷宮入り」14 天下城焼失の風評被害

<<   作成日時 : 2015/03/01 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

念願の「天下布武」完成目前にあった織田信長(1534-1582年)
の居城「安土城」の“築城から焼失”まで経緯は以下の通り。
○1576年 → 築城を開始
○1579年 → 信長が引っ越す(この頃、落雷で本丸焼失?
○1582年 → 6月「本能寺の変」(信長暗殺事件)
○1582年 → 6月「山崎の戦い」以後、天守と本丸など“焼失”
         (二の丸などは残り、城としては機能していたらしい)
○1585年 → 豊臣秀吉養子・秀次による築城のため廃城?

つまり、信長の威光を示す城は、造るのに約3年、その後の
廃城まで約6年の短命に終わったことになります。

では1582年の“焼失”の原因は何だったのか? これには
(1) 「本能寺の変」の明智秀満(※光秀ではない)による
(2) 信長次男・織田信雄軍の「“変”後の残党狩り」による
(3) 略奪目的で乱入した野盗や土民による
(4) 再びの落雷による
・・・などなどの諸説があって、今もって定まっていないようです。

しかし、この容疑者?リストに信長の次男「織田信雄」(のぶかつ/
1558-1630年)
の名が挙がっている点は、少しばかり不可解で、
なぜなら、仮に厳しい「残党狩り」を行ったにしても、信雄にして
みれば、なにせこの城は“父ちゃんの遺産“なのですから、それを
燃やしてしまうことに積極的な理由が見つからないからです。

そこへ浮上してくるのが「信雄バカ殿」説ですから、要するに
当時の人達も〜故意にせよ過失にせよ、あの「信雄」ならそれ
くらいのチョンボをしでかしたとしても不思議ではない〜
との
印象を持っていたということでしょう。

それを裏付けるのが、当時日本にいた宣教師たちが本国に
向けて送った報告書です。
率直というか、明快というか、露骨というか、そこには
〜暗愚(バカ)だった信雄が放火した〜との記述があるそうです。

さらに、同じく宣教師のルイス・フロイスなんぞはもっと凄いゾ。
(明智軍の移動後)付近にいた信長の子(信雄)が、普通より
  知恵が劣っていたせいもあって、理由もなしに(安土城を)
  焼き払うように命じた〜


安土城51 安土城CG01









      安土城/本丸             安土城/天守

  応援クリックは→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓

つまり、「理由もなしにやっちゃうくらいのバカだった!」と言って
いるわけです。 
でも、こうした絵に描いたように分かりやすい「説明」?は往々に
して真実を伝えていないことが多いもので、実際フロイスのこの
見方も、信雄の日頃の評判に無意識のうちに悪ノリ?したもの
とも考えられなくもありません。

超偉大な父親に比べたら、並みの息子は大抵は「劣って」見える
ものですから、家臣をはじめ宣教師など周りの者の「信雄像」が
その線上にあったとしても、それはそれで無理もないことです。

しかし、確かに激しい浮き沈みがあったものの、少し長いスパン
で眺めてみるなら、「関が原の戦い」以後も江戸時代の大名と
して存続したのは、信長の子供の中では信雄の系統だけだった
のですから、このことに注目するなら、一概に「バカ殿」と決め
付けるのも、やや過激な印象がします。
結果だけを見れば、むしろそこそこ上手に?あるいは運よく?
世渡り・カジ取りをしたと評価できなくもありません。

ということで、真犯人?探しに戻ると、(1)の時点では「城」は
残っていた可能性が高いことになり、また「バカだったから」とする
動機?に疑問符を付けるなら、(2)も根拠薄弱と言えそうです。
さらに残る二つのうち(4)は「1579年・落雷で本丸焼失?」という、
かつての記憶に触発されたものとも考えられますから、すると
結局(3)が妥当なところとして残ることになりそうです。

「信長暗殺」・「反乱(明智)軍の駐留」・「山崎の戦い」などで、
そりゃあもう世間がグッチャグチャになっていたのですから、
それに目をつけた者たちが、この機とばかりに「略奪」を働いた
としても不思議はありません。

現代ですら、国によっては災害などで治安が悪化した途端に
略奪行為が頻発することは珍しくないのですからね。
近年の大震災の折に発揮された日本人の「礼儀正しさ」は
とびきり治安の良い現代だからこそできることであって、乱世の
世にそれを求めるのはいささか酷というものでしょう。

そうしてみると、容疑者?に挙げられた織田信雄はある意味、
「風評被害者」ということもできそうですが、しかしその遠因を
他ならぬ信雄自身の人格や日頃の行動が作っていたとするなら
・・・これをすっぱり「濡れ衣・冤罪・風評被害」と言い切っていい
ものかどうか、そのへんはちょっと微妙なところです。

〜思わぬ濡れ衣?冤罪?を蒙らないためには、普段の生活態度
  が意外に大事である〜
 ひょっとしたら、これを「歴史の教訓」と
すべく、信雄が身をもって教えてくれているのかもしれません。
う〜む、なにやら一足飛びにお説教?じみた展開に・・・
それなら、嫌われる前に先手を打って、「本日はこれにて解散!」





  応援クリックは→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓




−−−これまでの 「迷宮入り 」 シリーズ−−−−−−−−−−−−−−
258 日本史の「迷宮入り」13 神様にタメ口はいかん! 敬語インフレ対策?
230 日本史の「迷宮入り」12 西郷どん20年目の閃光 忘れた頃の自殺願望
186 日本史の「迷宮入り」11 どっちが若い?釈迦と孔子 年齢差なんて!
150 日本史の「迷宮入り」10 ”大宇宙の真理”?それとも・・・ どんな意味?
148 日本史の「迷宮入り」09 幕府が”それ”をしなかった理由 世界常識の逆
129 日本史の「迷宮入り」08 西郷どんの唯一の写真 写真を避けた英雄
120 日本史の「迷宮入り」07 ダイ・ハードは永久封印? 彼は生きている?
115 日本史の「迷宮入り」06 “新”は天皇家のカムバック? なぜ違う表現?
097 日本史の「迷宮入り」05 初めての火葬天皇 なぜこの方法を選んだか?
095 日本史の「迷宮入り」04 半世紀将軍の子づくり なぜこんなにも大勢を?
092 日本史の「迷宮入り」03 なんで前方後円墳? こんな名称はインチキだ!
078 日本史の「迷宮入り」02 黄金ネコババ事件 なぜみんながダンマリか?
073 日本史の「迷宮入り」01 なぜ“八”がデカいのか? 九や十はどうしたの?
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ヤジ馬の日本史〜超駄級・200記事一覧〜 前編「あ→と」巻 七転び八起き!
ヤジ馬の日本史〜超駄級・200記事一覧〜 後編「な→ん」巻 あゝ七転八倒!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




【中古】 謎の迷宮入り事件を解け 歴史おもしろ推理 二見文庫二見WAi WAi文庫/楠木誠一郎【著】 【中古】afb
ブックオフオンライン楽天市場店
楠木誠一郎【著】販売会社/発売会社:二見書房/ 発売年月日:1993/10/25JAN:978457

楽天市場 by 【中古】 謎の迷宮入り事件を解け 歴史おもしろ推理 二見文庫二見WAi WAi文庫/楠木誠一郎【著】 【中古】afb の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【古本】世界史迷宮入り事件ファイル クレオパトラの死の謎からダイアナ謀殺事件まで/世界博学倶楽部【中古】 afb
フルイチオンライン 楽天市場店
作者:世界博学倶楽部初版発刊月:2007年04月ISBN:9784569668277

楽天市場 by 【古本】世界史迷宮入り事件ファイル クレオパトラの死の謎からダイアナ謀殺事件まで/世界博学倶楽部【中古】 afb の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【中古】■VHS■フジテレビドラマシリーズ 実録犯罪史 新説三億円事件■【送料無料】【smtb-u】
マンモス
状態レンタル落ち中古ビデオ<背表紙少々色あせセール品>メーカーポニー公開・放映情報1991年12月2

楽天市場 by 【中古】■VHS■フジテレビドラマシリーズ 実録犯罪史 新説三億円事件■【送料無料】【smtb-u】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本史の「迷宮入り」14 天下城焼失の風評被害 ヤジ馬の日本史/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる