ヤジ馬の日本史

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本史の「アレンジ」07 ♪君が代はァ千代にィ・・・

<<   作成日時 : 2014/01/05 00:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

A)♪赤き閃光を引く砲弾の降りそそぐ夜を徹して・・・
B)♪我らの血と肉をもって築こう、我らの新しき・・・
C)♪・・・市民たちよ、武器をとれ!

上から、A)アメリカB)中国C)フランス/の順に並べて
みましたが、これみんな「国歌」の歌詞の一節です。
どの共和国?も「革命」の経験を持つせいか、戦う姿勢を
顕にした勇ましい言葉を連ねています。

では片や、王様?を戴く国の場合はどうなっているのでしょうか?
ア)♪君が代は、千代に八千代に・・・
イ)♪神よ我らが慈悲深き女王陛下を守りたまえ・・・
ウ)♪・・・調和を愛し平和を愛すが戦争も恐れはしない・・・

ア)日本イ)イギリスウ)タイ/の順に並べましたが、
共和国?系の国歌より比較的おとなしい文言が並ぶのが特徴と
言えそうです。

このように各国の国歌を比較してみると、日本の国歌だけが
突出して異様だとも思えないのですが、このことについては
少なからず異論があるのも事実です。

ワタシが承知する範囲では、殊に歌詞の冒頭にある
「君が代は・・・」という部分に問題があるようで、
〜この「君」とは「天皇」を指しているのだから、民主国家には
トッテモふさわしくない!〜
とする意見です。

しかし、その「民主国家」・イギリスでさえ、
〜我らが慈悲深き女王陛下を守りたまえ〜としていることを
考えあわせると、これは王様?戴く国家の、国民としての素朴な
感情というほどの言葉なのでしょう。

〜いいや、「日本国憲法」には「国民主権」と謳われておる。
それなのにダ、こともあろうに国歌をもって「天皇」を礼賛する
なんぞはまことにもってけしからん!〜
という主張も確かに。
で、問題になる、その「憲法」ですが・・・



画像













   国歌「君が代」   出展:通信用語の基礎知識
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ ←お立ち寄り”記念クリック”も!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「日本国憲法」ではこうなっています。
〜天皇は日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって〜

ということは、大股の百歩くらいを譲って、歌詞にある「君」が
仮にモロに「天皇」のことを指しているとしても、憲法の精神に
沿った素直な解釈をするなら、
〜「日本国の象徴」や「日本国民統合の象徴」に栄あれ〜
という意味になるわけです。

つまり、〜「日本国」と「日本国民」に栄あれ!〜ということで、
あれれ、憲法の「国民主権」との間に矛盾がないことに・・・
〜それでもけしからん! こんな紛らわしい歌詞を一体
どこのどいつが作詞したのだ!そして「国歌」に決めたのだ!〜


残念なことに、実は「作詞者:不詳」なんですって。
元歌は平安時代前期(10世紀初頭)の「古今和歌集」に求めら
れるそうですが、この時すでに「読人しらず」、つまり作者不詳に
なっているからです。

しかも、冒頭の「君が代は」の部分が、元々は「わが君は・・・」
だったらしいのですが、面白いのは、この「わが君」という言葉で
〜ズバリ!「恋人(夫・妻)」のことだ〜と解釈する向きも
少なくないようです。

もしそうなら、これは悠久の「恋歌」ということになり、さすがに
まんま「国歌」に定めることは憚られ、アレンジ版である
「君が代は・・・」の文言を採用したのかもしれません。

もうひとつの「誰が国家に・・・?」も、そもそも「国歌」という概念を
持っていなかった明治期の日本人が、国際社会のルールに従い
初めて「国歌」を決めようとしたのですから、確かにそれなりの
ドタバタ劇も演じたようです。
が、そうした場面は、また別の機会に譲るとして・・・

さらには、現在の国歌は重いし暗いし意味曖昧だから、この際
思い切って「ニュー国歌を」という提唱もあるようです。
しかし、これが意外に難しい?

フランス並みの「武器をとれ!」ではモロにマズイでしょうし、
さりとて、明朗軽快という理由から、♪エッサホイサッサ・・・の
「お猿のかごや」を選ぶのもいささか不敬?不謹慎? 

では、意味の分かりやすいところで、♪白地に赤く・・・の
「日の丸の旗」などは?
う〜ん、これだと問題を余計に複雑にしてしまう・・・かもダ。





   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ にほんブログ村 にほんブログ村 トラコミュ 日本史同好会へ 
     ↑折にふれ 1日1回の応援クリックを!↑

          



−−−これまでの 「アレンジ」 シリーズ−−−−−−−−−−−−−−−
170 日本史の「アレンジ」06 主君は天皇家なるぞ! だったら将軍家は何?
149 日本史の「アレンジ」05 倶利伽羅峠のからくり なにッ!頭が燃える牛?
141 日本史の「アレンジ」04 女優の実写・アニメ・CG版? なにがどれだ?
136 日本史の「アレンジ」03 逆説の「歴史の海は・・・」 井沢元彦氏の視界!
118 日本史の「アレンジ」02 “××の変”は変ではないか? なぜ不統一?
111 日本史の「アレンジ」01 発明より改良が好き 民族の伝統なのか?
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ヤジ馬の日本史〜超駄級・100記事一覧編〜 神話から戦後まで一挙公開!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
恥しいことに、小中学校で君が代を歌っている頃は、歌詞の意味もよく理解せず、ただただ歌詞を暗記して歌っていたような気がします。
大人になってもよくわかっていなかったかも(^_^;)
しずか
2014/02/28 11:04
>しずかさんへ コメントをありがとう。
ただし、内容については鵜呑みにしないで
くださいね。
関東言葉なら「いいかげん」、由緒正しい
尾張弁では「ええころかげん」と言いますが、
その手の傾向が”無きにしも非ず”ですからね。
住兵衛
URL
2014/03/01 16:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本史の「アレンジ」07 ♪君が代はァ千代にィ・・・ ヤジ馬の日本史/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる