ヤジ馬の日本史

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本史の「発明」02 万事が”もうやっこ”の国

<<   作成日時 : 2013/10/30 00:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

仲良く「分け合う」ことを、尾張近辺では「もうやっこ」と表現
します。(より正確には、「・・・していました」かも?)
そして、日本の歴史はこの「もうやっこ」の精神に満ち溢れて
いることにも気がつきます。

そもそも、朝廷VS武士という二大勢力の構図も、
「権威=天皇(朝廷)」 「権力=将軍(武士)」という形での、
さらには武士の内輪に限っても、鎌倉幕府は「権威=将軍」
「権力=執権」という形での「もうやっこ」をしています。

室町幕府も、その伝統に従って「権威=将軍」「権力=管領」
踏襲していますし、江戸幕府も「権威=将軍」「権力=幕閣」で、
その例外ではありません。

嫌われるのを覚悟で、もう一回りクドい説明で迫るなら、
この国の建国?の経緯そのものが、その通りのパターンです。
話し合い?をもって、大国主命を「あの世」のトップという
名誉職?に就け、その代わりに天照大神が「この世」を預った
のですから、これも一種の「もうやっこ」と言えるでしょう。

つまり、大昔からず〜っと「権威」「権力」の分離分割作業、
即ち「もうやっこ」を続けてきたからには、それがこの国にとって
一番シックリする構造だということなのでしょう。

ですから、多少変則的ではあるものの、天皇家も負けじと、
この「もうやっこ」を実践しています。
〜院政(いんせい)は、在位する天皇の直系尊属である
太上天皇(上皇)が、天皇に代わって政務を直接行う形態の
政治である。〜
 出展:wikipedia

画像











 白河法皇 鳥羽法皇 院政之地 (京都市伏見区)
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ ←お立ち寄りにポチッ!→ にほんブログ村 トラコミュ 日本史同好会へ
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


平たく言えば、形式的なことは「天皇(社長)」が、実質的な
権力は「上皇(会長)」が各々に分担?する形ですが、一つの
ポストを二人で「もうやっこ」にしたこの構造は、ひょっとしたら、
日本人に非常にフィットした「発明」?だったかもしれません。

ただし、この場合、権力行使の点で幾分の不公平?がある
ようにも感じられますが、これも、「権威=天皇」 「権力=上皇」
見るなら、他のパターンと見事に一致していることになります。

この「もうやっこ」大作戦?は、確かに「独裁者」が登場しにくい
などの大きなプラス面を備えていますが、反面で実は致命的な
マイナス面も抱え込んでいます。
それは、最終的な責任の所在が徹底的に不明確ということです。

少し前に「年金記録問題」(2007年)という、国家自らが国民を
相手にして「オレオレ詐欺」を仕掛けたかのような、とんでもない
事件がありましたが、この場合ですら、最終的な責任を負った
誰がが「流罪」とか「獄門刑」に処されたというような展開に至る
こともなく、そのまま幕引きを迎えて、チョンでした。

〜そうとも、「最終責任者」を特定させない(できない?)ように、
「もうやっこ」システムを「発明」しておいてやったのだ!〜
と言われれば、実際のところ反論に窮しますが、しかし、
〜これにて一件落着!後は流れ解散、やれやれ!〜という
顛末を繰り返すばかりで、本当にこれでエエのでしょうか?

で、唐突な話題転換となって恐縮ですが、
〜とことん出来の悪い我が子(息子・娘)〜を持った場合に、
その責任は父親・母親の 「もうやっこ」 とすべきかどうか?
という問題です。・・・もう、お分かりですね。

日本史の法則に従えば、〜どちらも責任を負う必要はない〜
・・・ということになるハズです。
ですから、どうぞご安心ください、アナタは無罪だ!





   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ にほんブログ村 にほんブログ村 トラコミュ 日本史同好会へ 
     ↑折にふれ 1日1回の応援クリックを!↑

          


−−−これまでの 「 発明 」 シリーズ−−−−−−−−−−−−−−−−
103 日本史の「発明」01 気配りされたアリバイ工作 繊細かつ大胆に!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ヤジ馬の日本史〜超駄級・100記事一覧編 神話から戦後まで一挙公開!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日本史の「発明発見」03 偏諱(へんき)を賜う
「偏諱を賜う」(へんきをたまう) 辞書では、このように説明 されています。 〜将軍や大名が、功績のあった臣や、 元服する者に自分の名の一字を与える〜 こと。 ...続きを見る
ヤジ馬の日本史
2014/02/05 00:13
日本史の「発明発見」04 昭和遺産?シャレでごんす
幕末日本において“攘夷論”がフィーバーした背景には、 少なからず「神道」と「儒教(朱子学)」の影響があったように 感じられます。 というよりは逆に、「神道」と「儒教(朱子学)」を上手くブレンドした ものが、“攘夷論(外国人は追っ払え!)“の骨格になったと 受け止めた方が手っ取り早いのかもしれません。 ...続きを見る
ヤジ馬の日本史
2014/05/05 17:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本史の「発明」02 万事が”もうやっこ”の国 ヤジ馬の日本史/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる