ヤジ馬の日本史

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本史の「冗談?」07 変装迷人?大いに語る

<<   作成日時 : 2013/06/15 00:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

1709年、江戸においてイタリア人カトリック司祭・シドッチ
(シドッティ)の密入国に対する「取調べ」が幕臣・新井白石に
よって行われました。

四日ほどに渡る取調べはヨーロッパにおける科学・天文・政治・
医学など、実に広範囲に及びましたが、それに答えるシドッチの
博識ぶりもハンパでなかったようで、少なからず感嘆した白石は
後にその内容を「西洋紀聞」などに書き残しています。

「感嘆した」ということは、儒学者でもある白石(1657−1725年)
には、このシドッチ(1668−1714年)から説明されたヨーロッパの
科学水準の高さが理解できたということにほかなりません。

そして、いよいよシドッチが期待する「キリスト教」に対する
尋問に移ります。
実は、ここで白石の鋭いツッコミが発揮されているのですが、
その前に被告人シドッチのいくぶん冗談っぽい?ユニークな
「密入国」ぶりにも触れておきましょう。

シドッチは、和服姿に髪は月代(さかやき)に剃り込み、腰には
大小二本の刀を差すという姿で、つまり上から下まですっかり
「侍」(日本人)に変装?して屋久島上陸を果たしています。

本人にしてみれば、「外国人」であることがバレないよう最善を
尽くしたつもりなのでしょうが、さすがに平ぺったい日本人顔
まではうまく変装?できなかったようで、実はすぐさま見破られ
逮捕されてしまいました。
だからこそ、今ここで「取調べ」を受けているわけですが・・・


画像 画像














 日本人の侍姿に変装?し、密入国を果たした司祭・シドッチ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ ←お立ち寄り”記念クリック”も!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、「キリスト教」に対する説明を許可されたシドッチは、
白石に向けて、キリスト教の由来/天地創造/アダムとイヴ/
ノアの洪水/モーゼの出エジプト記/イエス・キリストの誕生/
イエスの生涯・・・
などを、熱っぽく語ったと思われます。

白石からツッコミが入ったのは、このあとのことです。
その様子をバーチャル・ライブ(仮想実況中継)風に案内する
なら、概ね以下のようなイメージか。

白石 「あい、分かった。 アンタたちの国・ヨーロッパが科学の
    分野では確かに優れた水準にあることは理解するが、
    それに比べると、この『キリスト教』というものは、
    てんでレベルが低いようだネ」

シドッチ 「(ムッ!)一体、どこがどう低いとおっしゃるので?」

白石 「だって、そうじゃないか。海も山も空も人間も、つまり
    この世のもののすべては『造物主』(神)がお造りに
    なったと、アンタは確かに・・・確かにそう言ったよネ」

シドッチ 「イカにも!(タコにも!)そう申しましたゾ!」

白石 「そんなら訊くが、ではその『造物主』自体は一体誰が
    造ったというのか? その点の説明が欠けておるゾ」

シドッチ 「それはもう何度もお話している通り、『造物主』
      ハナからござったのでござるヨ」

白石 「それは変じゃろ。その『造物主』が“ハナからござった”と
    する見解が正しいならばダ・・・海も山も空も人間だって
    なにもわざわざ『造物主』が苦労して造る必要もなく
    “ハナからあった“とするのが正しいはずダ・・・違うか?」

シドッチ 「妙に理屈っぽい性格ですねェ・・・(そんなことを言って
        いると、そのうち他人様から好かれなくなっちゃますヨ)


信教の自由が保証されているにも関わらず、現代日本人の間に
キリスト教が思ったほど拡がらないのは、この「造物主」の
概念がひとつのハードルになっているとの指摘もあります。

つまり、昔々から〜神サンも仏サンもみんな仲良くやっていけば
それでいいじゃないか〜
と考えてきた日本人には、この
〜なにがなんでもキリストさんが唯一絶対!〜とする考え方が
イマイチ馴染みにくいという説明です。

要するに〜キリストさんも数多おられる神サン仏サンのお一人〜
という解釈が許されるのなら、おそらく、日本人の信者も、もっと
もっと増えるのでしょうが、そうすると今度は「唯一絶対」とする
立場からは、それこそキリスト教の教義に背いた「ニセの信者」と
いうことになり、ここに根本的な矛盾を抱えてしまうわけです。

キリスト教にとっては、この「日本製?ハードル」を越えるのが
結構難儀だったようで、この点ばかりは初期の宣教師である
ザビエル達もなかなかうまく扱えなかったようです。

いや〜あ、日頃はあまり気にしていませんが、宗教・信仰の
世界って理論・理屈が結構シビアなものなんですね。 

そこで、今回のオマケと言ってはなんですが、過去記事の中から
そのシビアな 「神学論争」パロディ編 をご紹介しておきます。


114 日本史の「世界標準」07 オンリーワンと八百万 白熱の信仰迷討論!




   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ にほんブログ村 にほんブログ村 トラコミュ 日本史同好会へ 
     ↑折にふれ 1日1回の応援クリックを!↑

          



−−−これまでの 「冗談?」 シリーズ−−−−−−−−−−−−−−−−−
142 日本史の「冗談?」06 ゆっくり急げ!大名行列 見栄も楽ではない!
131 日本史の「冗談?」05 爺と孫の“バカ殿”一直線? 賢いバカ殿に?
088 日本史の「冗談?」04 旗本彦左と魚屋太助 エッ、一心太助の墓って?
079 日本史の「冗談?」03 平安お買い物ツアー 遣唐使の番外使命?
076 日本史の「冗談?」02 天皇のバイト生活 フトコロ寂しき天皇の知恵!
071 日本史の「冗談?」01 奇妙な公文書偽造犯 理想実現への汗かきだ!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ヤジ馬の日本史〜超駄級・100記事一覧編〜 神話から戦後まで一挙公開!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オークリー レンズ
日本史の「冗談?」07 変装迷人?大いに語る ヤジ馬の日本史/ウェブリブログ ...続きを見る
オークリー レンズ
2013/07/06 04:51
日本史の「怪人」10 火吹き達磨のトンデモ説
大村益次郎(1824-1869年)は長州征討(1864/1866年)や、 戊辰戦争(1868-1869年)などで指揮を執り、長州藩の勝利を 導いたことで、「維新の十傑」に名を連ねる人物です。 逆に言えば、「維新の三傑」(西郷隆盛・大久保利通・木戸孝允) ほどには有名でないということかもしれません。 ...続きを見る
ヤジ馬の日本史
2015/05/30 12:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本史の「冗談?」07 変装迷人?大いに語る ヤジ馬の日本史/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる