ヤジ馬の日本史

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本史の「忘れ物」13 いまさらですが”三種神器”

<<   作成日時 : 2013/04/10 08:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

〜天孫降臨の折に天照大神がニニギノミコトに授けたもので、
 これが天皇の正当性の保証書?になる〜

まあ、このくらいが八咫鏡・八尺瓊勾玉・天叢雲剣の三点セット
である「三種神器」に対する平均的なイメージでしょう。

ところが、実はそれから大きく逸脱した事件?も伝わって
いるのですから話がよく見えません。

その事件のひとつが、源平の「壇ノ浦の戦い」(1185年)で、
この時に、神器のひとつ・天叢雲剣を海中に紛失(水没?)
しちゃったお話は割合よく知られています。

ところが、「三種神器」の一つを失くしちゃったから、この後に
「正統な天皇」が登場しなかったのかといえば、そんなこともなく、
ちゃんと即位を果たしています。

たとえば、後鳥羽天皇(在位1183−1198年)も「神器なき即位」と
陰口されて、多少引け目を感じられていたご様子もありましたが、
しかし「正統な天皇」のお一人としてカウントされていることも
また確かな事実です。

それなら、「三種神器」自体はさほど重要でもなかったのかと
思えば、これがまたそうとは言い切れなくて、たとえば「南北朝」
(1336-1392年)時代などは、これを巡っての争奪戦を繰り広げて
いるのです。

そのなかで、〜オレの持ってるモノが本物でオマエの方は
ニセ物だ〜
という議論?も活発に行われたようですから、
そうしてみると、「正統な天皇」の資格要件として神器の真贋は、
やはり重要なファクターだったと思われます。

ですが、そうなると、その「三種神器」の真贋って一体誰が
決めるのか?


たとえば、伊勢神宮のご神体とされている「八咫鏡」は、
火災で焼失したために「灰」の状態で保管されているという
古記録もあるようですし、式年遷宮による引越し?の場合も、
白布で覆い決して人の目に触れさせないと聞いています。

普通なら、大事な物であればあるほど、のべつ「確認点検」を
継続して、「保存状態」を知っておきたい気もするのですが、
どうも「三の神器」のレベルになると、そういうことですら
「畏れ多い」ことで、実行しないのが伝統となっているようです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
画像



















「三種神器」? 上から、八咫鏡? 天叢雲剣? 八尺瓊勾玉?
  早い話、「実物」は誰も見たことがないのですから、当然のことながら
  この姿も数あるイメージの中のひとつに過ぎないことになります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

そうなると、う〜ん、これは困ったゾ。
というのは、実は「三種神器」よりず〜っと新しい「正倉院」
(756年頃建立?)の宝物にしたところで、これまでには
何度かの「盗難」や「差し替え」が行われた疑いを否定できない、
という指摘もあるからです。

その「正倉院」の方はせいぜい1250年程度以前のことで、
一方の「三種神器」はといえば、その出発点?「天孫降臨」が
一応は少なくとも今から2700年以上昔のことになりますから、
圧倒的に古いわけです。

ということで、ここから先は「不敬罪」に問われてクビをはねられ
ようとも断じてそれを恐れない、という方だけが進んでください。
「そんなことはかなわん!」という方は、ここで打ち切りです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
長い間には実際「紛失」?や「損傷」?に見舞われたことのある
「三種神器」ですから、それとは別に「正倉院」がそうであった?
ように「盗難」や「差し換え」を経験していたとしても、それほど
不思議ではないということになります。

なにぶんにも、長い間誰ひとり「目視点検」をした人がいないわけ
ですからネ。

そのような覚悟を持って冷静に考えると、地元・熱田神宮に
祀られているとされる「天叢雲剣」だって、今回改めて確認して
みたら、いつの間にか「差し替え」られていて・・・そこにはなんと
「ゴルフクラブ」が収まっていた・・・てなことも、ないではない?

ホントに油断もスキもない世の中ですから、そういう意味で、
シビアな点検を必要とするのは、なにも道路トンネル内の
天井板に限ったことではなく、「三種神器」とて決してその例外
ではない、ということを指摘しておきたいわけです。





   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ にほんブログ村 にほんブログ村 トラコミュ 日本史同好会へ 
   ↑お立寄り記念に 1日1回の応援クリックを!↑

          


−−−これまでの「忘れ物」シリーズ−−−−−−−−−−−−−−−−
127 日本史の「忘れ物」12 関東と関西の国境線? そこは戦場の最適地!
117 日本史の「忘れ物」11 時代の透明人間 発言できなかった多数派!
091 日本史の「忘れ物」10 コスプレの元祖? 心優しき神々の善意!
087 日本史の「忘れ物」09 歴史学者のミスリード “改革”なんて変すぎる!
081 日本史の「忘れ物」08 天孫降臨の錯覚 前後左右にも”天”はある!
075 日本史の「忘れ物」07 UFOの訪日と攘夷論 とりあえずやっつけよう!
068 日本史の「忘れ物」06 唯一のチベット寺院 寺から言霊まで勢ぞろい!
065 日本史の「忘れ物」05 やじろべえ国家 一極集中はそれだけで悪だ!
062 日本史の「忘れ物」04 幕府の無断転居 室町ってどこにあるのさ?
053 日本史の「忘れ物」03 信長と平和事始 それは平和への戦いだった!
051 日本史の「忘れ物」02 奥州四代の奇習 滅亡した独自の「死生観」とは?
048 日本史の「忘れ物」01 蓮如の業務改善 その昔も”カイゼン”はあった!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ヤジ馬の日本史〜超駄級・100記事一覧編 神話から戦後まで一挙公開!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



【中古】 QED 神器封殺 / 高田 崇史 [新書]【あす楽対応】
もったいない本舗 楽天市場店
著者:高田 崇史出版社:講談社サイズ:新書■通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが

楽天市場 by 【中古】 QED 神器封殺 / 高田 崇史 [新書]【あす楽対応】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

日本神話120の謎 三種の神器が語る古代世界
ぐるぐる王国 楽天市場店
安本美典/著推理・邪馬台国と日本神話の謎本詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返品のページをご確認く

楽天市場 by 日本神話120の謎 三種の神器が語る古代世界 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【1000円以上送料無料】奪われた「三種の神器」 皇位継承の中世史/渡邊大門
オンライン書店 BOOKFAN
著者渡邊大門(著)出版社講談社発行年月2009年11月ISBN9784062880220ページ数20

楽天市場 by 【1000円以上送料無料】奪われた「三種の神器」 皇位継承の中世史/渡邊大門 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エアマックス 95
日本史の「忘れ物」13 いまさらですが”三種神器” ヤジ馬の日本史/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 95
2013/07/09 15:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
村井康彦氏の新刊『出雲と大和―古代国家の原像をたずねて』にも三種神器が出てきますね。この本、手軽でわかりやすい割にケッコウまともなトンデモ本で面白かったです。記事ネタ10本分くらいの価値がある(笑)、と思います。
帰山人
2013/04/10 14:31
コメントをありがとうございます。
毎度のことながら、帰山人さんの博識には驚き&あきれています。
今回分でイマイチ分からないのは「ケッコウまともなトンデモ本」というくだりです。
かなりシュールなご案内で圧倒されましたが、
中身は自分で確かめるしかないよいですネ。
住兵衛
2013/04/10 17:50
サワリだけ言うと、出雲系の勢力が畿内に入ってきて邪馬台国を建てていた(つまり邪馬台国=畿内説)、南九州系の勢力が畿内に侵攻してきて邪馬台国を滅ぼして大和王朝を形成した(つまり邪馬台国≠大和朝廷)、という話でして…そうかな、と思わせるような例証が‘ケッコウまとも’なんですよ。あとは…読んでみてください(笑)
帰山人
2013/04/10 21:00
サワリまでご教示、感謝です。
これで「ケッコウまともなトンデモ本」という意味も
分かりましたので、折を見てチャレンジしてみましょう。
それにしても、帰山人のレパートリーの広さ深さは、
もはやウルトラ超人の域ですねえ!!!
また、いろいろ教えてくださるよう、併せてお願いを
しておきますので、どうぞよろしく。
住兵衛
2013/04/10 22:25
新着記事のコメント欄にて失礼します。

仏舎利のコメントを頂いたSAYOです。ありがとうございました、リンクさせていただきました、よろしくお願いします。http://kyoto34travel.net/archives/7814363.html

三種神器については
それ以前から勉強しないといけませんが、いつか分かるようになるその時にまた読み直したいと思います。
SAYO
2013/04/11 00:17
うれしいリンクでしたので、当方からも早速リンクさせて
頂きました。
これをご縁に、今後はさらに気合を入れた記事を
めざしますので、折にふれポチッ!の方も
どうぞよろしくお願いいたします。

〜京都人の穴場情報と旅行記【値打ちあるわぁ】〜は
とてもおしゃれで素敵なブログですね。
ちょくちょくお邪魔したいと思っています。

住兵衛
2013/04/11 17:20
わぁ リンクありがとうございます♪
今後ともよろしくお願いします。
SAYO
2013/04/12 21:43
こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。
住兵衛
2013/04/13 17:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本史の「忘れ物」13 いまさらですが”三種神器” ヤジ馬の日本史/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる