ヤジ馬の日本史

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本史の「陰謀」06 身分を買った人々

<<   作成日時 : 2012/11/15 00:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

学校の授業では、江戸時代の民は「士農工商の身分制度」に
よって、四つの身分に仕分けされていた・・・と習ったように記憶
していますが、ちょっと待った!
最近になって「旗本株を買う」という言葉を耳にしたゾ。

江戸時代の石高制というシステムは、どうも元々「武士階級が
貧乏になっていく」欠点・課題を抱えていたようですが、
それも永い間いわゆる「ほったらかし」のままでした。

武士にとって貧乏とはもともと我慢すべき環境だったようで、
「これでは辛抱かなわんからもう少しばかりお金儲けを・・・」
などと思おうものなら、このこと自体がすでに明白な「儒教違反」
であり「悪」なのですから、その点についての「抜本的改革」が
行われなかったのも当然なのかも知れません。

しかし、いくらなんでも我慢にも限界があるゾ!
江戸時代の後期にはその限界を超えた貧乏ぶりも登場します。

低い所得でありながら、禄高に応じて馬を何頭飼えとか中間
(ちゅうげん)は何人必要とか、うるさい規定に縛られている
のですから、これでは実際たまったものではありません。

で、命を繋ぐために傘張り・提灯張りなどに代表される職種?の
アルバイト(内職)に精を出すことになりますが、よく考えてみると
この時点で既に「士農工商」の身分制度は崩壊している
わけです。

なぜなら、まず、武士の傘張り仕事は、傘職人の親方が
持ち込んできます、 そして、その傘職人の親方自身は商人から
その仕事をもらっているわけですから、現代風に言えば、
製造販売(商人)、下請け(職人)、孫受け(武士)というカタチに
なって、つまり「士農工商」の序列が完全に逆転していることに
なるからです。

アルバイトをしてもなお「喰っていけない」ようだったら、どうした
のか? もう「背に腹はかえられない」ので、身分や地位を金銭
で売買することもありました。

身分制度がない現代において、「身分を売る」ということの中身が
いささか分かりにくいのですが、どうも最初のうちは旗本や御家人
の次男三男を、裕福な商人や名主のところへ養子に入れるような
カタチで行われていたようです。

しかし、それで一件落着するような「貧乏具合」でもなかったので
しょう。 次第の手口も巧妙化?していき、なお収拾がつかない
ところでは、長男であってもあえて「廃嫡」をしてお金持ちの息子を
養子に迎える、という方法を取ったとされています。

その際に、お金持ち側から旗本側へ相場の金額が動いたようで、
これが「旗本株を買う」という言葉になっています。

旗本の身分を実質的に金銭で売ってしまうわけですから、
売った旗本にすれば、永年の限界を超えた「経済的困窮」から
開放さ側のれることなり、買ったお金持ちからすれば
「旗本の身分」を手に入れることができるので、まあ両方にとって
持ちつ持たれつといったところなのかも知れません。

しかし、目端の利く商人が「身分を買う」ためだけに、これをしたの
かと言えばどうもそれほど甘いものではなく、その旗本の将来の
家禄全部がその商人のフトコロに入ることで、実質2〜3年の
短期間でチャッカリ元を取ったその上に、それ以降の家禄分は
「まるまる儲け」とできることで、かなり効率のいい「投資先」と考え
ていたフシがあります。
 出展:eikipedia 市川右太衛門
画像 まあ、あからさまにいえば
 商人が旗本を手玉に
 取っていた?そんな
 様子も窺えます。

 しかし、こんなことを
 頻繁に行っていたら
 それなりのヒズミも
 出ようと言うものです。

本来は将軍家直属の家臣団であるハズなのに、「旗本株を買う」
ことによって、その旗本一万数千騎のうちの何割かを、刀を
差したこともない、馬に乗ったこともない人間が占めるように
なったと言われていますから、もうこの時点で「江戸幕府」の
体制は相当なボロボロ・ヨレヨレ状態に落ち込んでいたと
いってもいいのでしょう。

要するに、幕府が一番嫌っていた「お金」、その「お金」の力を
もって庶民の側が幕府体制を崩していったことになります。

正面衝突を避けながら、相手(幕府体制)の最大の弱点(お金)を
ジワジワ攻め続けること、つまり「身分を買う」ことで世の中(身分
制度)を変えていったのですから、これは「陰謀?(深謀遠慮)」
と言ってもいいのでは?

しかし、このように江戸後期にはヨレヨレの旗本も、元禄の頃は
けっこう元気だったものです。
「旗本退屈男」の早乙女主水之介(さおとめ・もんどのすけ)を
思い出してくださいナ。

「天下御免の向う傷、パッ!」(市川右太衛門)東映時代劇

※これって、分かる人には分かるけど、分からない人には分からない?


 応援クリックも→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ   にほんブログ村 トラコミュ 日本史同好会へ ←どうぞよろしく!
            にほんブログ村    日本史同好会


−−−これまでの「陰謀」シリーズ−−−−−−−−−−−−−−−−
日本史の「陰謀」05 塀の上を歩いた茶人 文化人か政商か、それとも?
日本史の「陰謀」04 偽装史?の先駆者たち “人を騙す”って・・・快感!
日本史の「陰謀」03 天下人の就職難 権力あれども身分がにゃ〜ァ!
日本史の「陰謀」02 混乱の即位固辞 三人は何を考えて辞退したのか?
日本史の「陰謀」01 聖徳太子の狂言 国書盗難にヤラセの疑い?
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン 店舗
日本史の「陰謀」06 身分を買った人々 ヤジ馬の日本史/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン 店舗
2013/07/05 17:40
プラダ メンズ
日本史の「陰謀」06 身分を買った人々 ヤジ馬の日本史/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ メンズ
2013/07/09 18:34
VISVIM サンダル
日本史の「陰謀」06 身分を買った人々 ヤジ馬の日本史/ウェブリブログ ...続きを見る
VISVIM サンダル
2013/07/09 18:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今日は よろしくお願いしますね^^すごいですね^^
レイバン ウェイファーラー
URL
2013/07/29 00:01
お立ち寄り&コメントをありがとうございます。
今後とも「ヤジ馬の日本史」をご贔屓に、
どうぞよろしくお願いします。
住兵衛
URL
2013/07/29 09:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本史の「陰謀」06 身分を買った人々 ヤジ馬の日本史/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる